太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログ

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定で固定資産税3年無償

time [投稿日]2020/09/16

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定で固定資産税3年無償

先日、ようやく1000万円の融資が確定した宮崎県の新太陽光発電所の生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定申請を準備中です。

日本政策金融公庫からの融資1000万円確定

広告

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」認定で固定資産税3年無償

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定をいただければ固定資産税が3年無償(または1/2)となります。
生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」ですが、先日ご紹介した経営力向上計画の固定資産税優遇版みたいなものですね。(厳密には違う制度のようです)

太陽光発電で経営力向上計画「金融支援(金利優遇)」申請のポイント【まとめ】

固定資産税が3年無償となれば2,000万円の太陽光発電所であれば69万円程度の節税効果が見込めます。

  • 1年目にかかる税金
    評価額=20,000,000円×(1-0.064)=18,720,000円
    税金=18,720,000円×1.4%=262,080円
  • 2年目にかかる税金
    評価額=18,720,000円×(1-0.127)=16,342,560円
    税金=16,342,560円×1.4%=228,796円
  • 3年目にかかる税金
    評価額=16,342,560円×(1-0.127)=14,267,055円
    税金=14,267,055円×1.4%=199,739円

ただしすべての自治体(市町村)が対応しているわけではありません。また太陽光発電は対象外としている自治体もあるようです。
中小企業庁サイトの新着情報に毎月の対象自治体情報が更新されているのでご確認ください。

 

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定についてはマネジメントオフィスいまむらさんの記事が一番わかりやすいかと思います。

「先端設備等導入計画」の書き方・記載例をレビューする(まとめ)

 

太陽光発電関係ブログではコッキーさんのブログが参考になります。

 

先端設備等導入計画 認定手続きの概略

先端設備等導入計画の認定に向けた手続きの流れは以下の通りです。

  1. 太陽光発電設備の工業化証明書を取得(後から提出でもOK)
  2. 先端設備等導入計画の申請書を作成
  3. 認定支援機関の確認書を取得(1~2を添えて)
  4. 太陽光発電所を設置する市町村へ郵送(1~3を添えて)
  5. 太陽光発電所を設置する市町村より認定書が返送される

いちばん重要なのは先端設備等導入計画の認定(=上記5)を設備取得までに行う必要があること。
※取得とは太陽光発電所の受け取り(=販売店より査収するタイミング)を指すようです。

ですので、太陽光発電の購入が決定したら、すぐさま着手しなければ間に合わない可能性もあります。
私の場合、3に2週間程度@横浜商工会議所、4に2週間程度@宮崎県新富町必要なので、最低でも1ヵ月程度必要ですね。

このあたりの日程イメージは太陽光発電の販売会社としっかりすり合わせを行いましょう。
あらかじめコミュニケーションを取っておけば、万が一の場合は査収をずらすなどの対応を行っていただけるかと思います。

先端設備等導入計画の申請でちょっと分かりづらいところ

生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画の認定申請でちょっと分かりづらいところを補足しておきます。

設備取得ってどのタイミング?

前述のとおりですが端設備等導入計画の認定を設備取得までに行う必要があります。
「設備取得」がどのタイミングなのかが明確に定められていません。

こちらの設備取得とは査収のタイミングをさすようです。(ただし情報ソースがわからなくなってしまいました。すいません。)

経営革新等支援機関等による確認書ってどこでもらえるの?

経営革新等支援機関等による確認書の支援機関は税理士/公認会計士/弁護士/中小企業診断士/民間コンサル/商工会/商工会議所や銀行などの金融機関となっています。
ただし例えば全ての税理士が登録されているわけではなく登録制となっているようです。

経営革新等支援機関等による確認書をいただける認定経営革新等支援機関はこちらのWebサイトで検索ができます。

https://ninteishien.force.com/NSK_CertificationArea

また中小企業庁のこちらのページで最新情報がエクセルで確認できます。

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/kikan.htm

ちなみに私が確定申告をお願いしている税理士は支援機関登録を行っていないため、最寄りの商工会議所にお願いしました。

申請設備の金額にはどこまで含めてよいの?

「先端設備等導入計画」の認定をいただければ固定資産税が3年無償になるわけですから、設備金額はできるだけ多く計上したいですよね。

一方、先端設備等導入計画の申請には導入する設備名称(パネルとパワコン)を記載します。
太陽光発電所の場合、パネルとパワコンだけでなく、工事費やケーブル、架台などの周辺部の金額がかなり多くの部分を占めます。(ざっくり半分ぐらい)

ということで、申請設備の金額にはどこまで含めて良いかが気になるところ。

税理士に相談したところ「太陽光発電所システムとして一体と考えられるものは含めて良い」とのことでした。
架台、工事費、ケーブル等々は太陽光発電所システムとして一体と考えて良いようです。

一方で、フェンスは別とのことでした。

・・・この記事を書きながら気が付きましたが、造成費や電力会社工事費負担金はどうすべきか分かりませんでした。
税理士に確認してまた記事を更新します。

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


おススメ土地付き太陽光!

業界最大級の物件数のメガ発。無料メール会員登録で初めての方に必読のebookがもらえます!

太陽光発電の丸投げメンテ

O'ms 資料請求で必読の無料メンテナンスガイドブックがもらえます。

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2020年9月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 


sponsored link

土地付き太陽光No.1

タイナビ発電所 サラリーマンが太陽光発電を考えたら一番初めに登録すべきサイトです。

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ