太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

タイナビ分譲太陽光フェアのセミナーにて得られたこと

time [投稿日]2015/05/26

time [最終更新日]2015/11/29

タイナビ分譲太陽光フェアのセミナーにて得られたこと

先日よりご案内させていただいている分譲太陽光イベント『タイナビ発電所フェア2015』に行ってきました。
その中で、セミナー(基調講演)が行われましたので、その内容についてご紹介させていただきます。
1.投資のすすめ(という趣旨の講演)
インサイダー取引容疑で逮捕という華々しい経歴をもつ株式会社MapFINANCIAL 会長の傳田さんの講演です。
どちらかと言うとセミナーというより、投資啓蒙のための講演という印象をうけました。(講演タイトルは「年金のゆくえ」だったように記憶しています。)
日本はハイパーインフレ(物価100~1000倍)にはならないと思うが、スーパーインフレ(物価10倍)になる可能性は十分にある。
その対策として投資(太陽光投資など)が重要となる。
という趣旨の発言が印象的でした。
2.太陽光の税政メリット
実際に低圧の太陽光発電所を3箇所保有する税理士法人ASCの鵜ノ沢さんの講演でした。
今年度の目玉の節税スキームとして「生産性向上設備投資推進制度」を紹介されていました。
既に個人事業主の方を何件も認定させている実績があるようで100%即時償却を目指す方にとってよい内容だったと思います。
3.タイナビ社保有の太陽光設備の紹介
実際にタイナビ社がお持ちの太陽光設備の購入額、ランニング費用、20年後に残る利益の紹介をいただきました。
プロ中のプロであるタイナビ社が、思いのほか高額で物件を購入されており驚きでした。
本物のプロは値段だけで選ぶのではないという事ですね。
●セミナーで(個人的に)得られたこと
私個人として、今回の講演で得られたことは、
「太陽光発電は融資をうけて作るべき」という考え方の合理性に気づかされた事でした。
私は、一般人(普通のサラリーマン)の感覚として、
「お金はできるだけ借りないほうが良い」
「借りたとしても早く返したほうが良い」
との思いを持っていました。
しかしながら、確かに1の講演でご説明があったインフレに対応するためには、
融資を受けて太陽光発電を作るのが効果的です。(10倍インフレになったら、借金の額が実質1/10になる)
実際に、ASCの鵜ノ沢さんも、太陽光発電所はすべて融資をうけて作っているとのこと。
また融資がおりるのならば可能な限り作りたいとの発言もありました。
お金の扱いのプロである税理士(ちょっと語弊があるかもしれませんが)がそのようなスタンスで太陽光投資を行っているわけですので、信憑性があります。
ということで、上記の教訓を得られた今回のセミナーは非常に有意義であったと感じています。
(投資家の皆さんにとっては「あたりまえ」な事なのかもしれませんが。笑)
タイナビさんにはぜひ第2弾、第3弾とこのようなイベントを開いて欲しいですね!
太陽光発電物件サイトはタイナビ発電所
タイナビ発電所

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

当ブログの月間人気記事

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ