太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

太陽光発電のベストな融資方法は?!|2016年版まとめ

time [投稿日]2016/06/14

time [最終更新日]2016/12/07

太陽光発電のベストな融資方法は?!|2016年版まとめ

広告

分譲太陽光のベストな融資方法は?!|2016年の今作るなら

当ブログの読者の方より、分譲太陽光発電の融資に関するご質問をいただきました。

私自身、融資について詳しいわけではないので、一般的な回答しかできないのが心苦しいのですが、
これを機会に、私なりに2016年の今、現時点で、分譲太陽光発電を購入するための融資方法について考えてみました。

とは言え、私の認識が間違っていることもあると思います。間違いはビシビシとご指摘お願いします。(笑)

読者さまからの融資に関するご質問の要旨

  • 初めての太陽光発電
  • 低圧分譲太陽光の購入を検討中
  • 購入は融資
  • 良い物件に問合せても融資希望者は後回しにされる
  • 政策金融公庫を利用したいが、具体的な物件がなければ申込できないし審査に時間もかかるため、業者が嫌がる
  • 質問1:融資の申し込みはあらかじめ済ませるものなのか?
  • 質問2:アプラスやジャックスなどを(前の物件が審査中に)何件も申し込むと、ネガティブにとられないか
  • 質問3:政策金融公庫で、先に申込みを済ませいつでも借りられる状態にして、後から物件を探すような方法はないか?

分譲太陽光発電の3つの融資先

さて、あらためて分譲太陽光の融資先についまとめてみました。

分譲太陽光の融資先は

  1. 政策金融公庫
  2. 銀行系
  3. ノンバンク系
の3つに分けられます。
 
このうち事前に融資の相談が可能なものは基本として2の「銀行系」だけです。
とは言え、2にしても最終的な判断は物件の個別情報を確認してからのはずです。
どちらかと言うと担当者から事前に「○○さんなら△△円ぐらいは大丈夫そう」と教えてもらえると言ったほうがより実状に即していると思います。
物件の詳細もわからないのに個人の信用だけでウン千万円はなかなか貸せないですからね。
 

2016年の現状では分譲太陽光の販売業者は売り急いでいる

2016年の現状ですと、分譲太陽光は売り急いでいる状況です。
 
分譲太陽光の現状についてはこちらの記事をご覧ください。
 
 
「融資が下りずにキャンセル」というリスクを考えると、業者として確実に買ってくれる人を優先するというのは仕方がないところです
ただ現金で太陽光発電を買う人はそれほど多くはないはずですので、融資を受ける人が特別に不利と言うわけではありません。
 

ただし最近は外国の方が購入されるケースもあると聞きます。
実際のところはどうなのかわかりませんが、外国籍の方は日本のファイナンスを組むのは難しいので、現金払いのようなイメージがありますね。

ご質問への私のご回答

3つのご質問への私の回答です。

質問1:融資の申し込みはあらかじめ済ませるものなのか?

原則として事前に融資申請を行うことはできません。

質問2:アプラスやジャックスなどを(前の物件が審査中に)何件も申し込むと、ネガティブにとられないか

アプラスやジャックなどは、太陽光発電の物件ごとの個別判断のため、複数申込んでいてもネガティブにとらえられることはありません。

質問3:政策金融公庫で、先に申込みを済ませいつでも借りられる状態にして、後から物件を探すような方法はないか?

おそらくないと思います。(⇒もしそのような方法ご存知の方教えてください!)

 

まとめ|2016年の分譲太陽光のベストな融資方法は?!

日本政策金融公庫が一押しなのは間違いなし!

私自信としては、2016年の現時点で分譲太陽光を作るなら、ノンバンク系で融資を受けることを考えています。

実を言うとつい最近、(いろいろあって成約まで至りませんでしたが)本気で検討しましたところです。(笑)

 

もちろんこれがベストという確証があるわけではありません。

ぜひ、皆様からの「自分だったらこうやって融資を受ける」とのご意見をお待ちしています。

 

 

 

sponsored link

コメント

  • あおそらさん、こんにちは。
    久しぶりのコメントです。

    5月から1基が順調に稼働を始めました。

    今回のテーマが融資だったので、ここ最近のことを報告します。

    地元信用金庫の融資が可能かもしれないということをお伝えしたのが4月でしたが、担当者は融資に前向きでしたが、支店長の鶴の一声で太陽光発電への融資は見送られました。

    その後も茨城で賃貸物件を見つけたので、販売会社からアプラスに審査を依頼しましたが、まさかの却下。。。1600万円の物件に対して600万円の頭金が必要とのことでした。 24円物件でしたが、アプラスさんなら大丈夫と思っていたので驚きました。
    販売会社さんも太陽光発電への融資の流れがネガティブになってきたとおっしゃっていました。

    3基ほど所有したいと思っていましたが、難しいようです。

    次は何に投資をしようか検討中です。
    風力はどうなんでしょうね。

    by おおぞらかける €2016年6月15日 10:59 AM

    • おおぞらかけるさん

      1号機稼働開始とのことおめでとうございます!

      信金の融資は残念でしたね。
      銀行系はイケイケなのかと思っていましたが、思いのほか渋いのですね。
      アプラスは最近少しルールが変わったようですね。
      審査が通らないということは収益性が低いということですから、融資がつかないということはそれはそれでよかったのかもしれませんね。

      かんたんにあきらめるのはもったいないので、物件探しは継続して続けられると良いと思います。
      私も今年がラストチャンスのつもりが頑張ります!

      by あおそら €2016年6月16日 12:43 AM

  • 金融公庫ですが以前購入しようとした物件で審査してもらいました。
    その際、限度額と金利は教えていただけました。
    結局その物件は売主都合で流れました。その後再度違う物件でトライも同様に流れました。
    3件目でようやく購入+融資いただけました。
    確か2000万までの事業融資枠があるので太陽光でなくてもいけると思います。
    ダミー物件を出したほうがいいと思います。公庫は時間がかかるので。
    地銀でも同じことになりましたが2物件分融資実行されました。
    地銀のほうがアバウトで公庫は審査がかなり慎重でした。居住地、物件地によって使用できる
    金融機関に限りがありますので融資ありきで物件選定を進めるほうが確実に思います。

    by masa €2016年6月16日 12:34 AM

    • masaさん

      ダミー物件での審査も可能とのこと、有益な情報ありがとうございます!

      ちなみにダミーということは担当には伝えるものなのでしょうか?
      それともどこかでこそっと差し替えるものなのでしょうか?

      もしよろしければご教示いただけますと幸いです。

      by あおそら €2016年6月16日 12:46 AM

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

中古太陽光

個人事業&節税

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

当ブログの月間人気記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ