太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

誰が個人事業主になるべきか(自分/妻/その他親族)

time [投稿日]2014/08/30

誰が個人事業主になるべきか(自分/妻/その他親族)

サラリーマンが副業として、新たに事業する場合、誰が代表(≒社長≒個人事業主)になるべきかと言うことは、大きな問題です。
自分/妻/その他親族(同居の親など)が考えられると思います。
私は最終的には自分が個人事業主になることを選択しました。
その一番の理由は
太陽光発電にはグリーン投資減税が認められることでした。
グリーン投資減税はこちら
本業の収入(サラリーマン側の給料)と損益通算を狙って、
グリーン投資減税の100%即時償却を使えば、
投資回収期間をさらに短くすることができます。
簡単に言うと、
500万円の給料(所得)から、太陽光発電経費1500万円を3年で償却するということです。
※個人事業主は赤字を3年間繰越せる。
その間はサラリーマン側の給料の税金がかかりません。(戻ってくる)
本来であれば17年かけて償却する太陽光設備を3年間で償却することになります。
もちろんこれは単なる控除の前倒しであり、4年目以降に控除をうけられなくなりますので、トータル収支としては同じになります。
とは言えこの制度を使えば、投資金額の回収が1~2年早めることができると思いますので、キャッシュフローの視点からは使わない手は無いと思います。
ただし、これには太陽光発電が「事業として認められること」が大前提ですので、ご注意をお願いします。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


中古太陽光

個人事業&節税

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ