太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

新ルール(15年2月~)でも過積載ならパネル追加可能!

time [投稿日]2015/06/18

新ルール(15年2月~)でも過積載ならパネル追加可能!

先日「不動産投資と太陽光発電で脱サラを目指すブログ」にて高橋さんが
「注意!太陽光発電増設で注意すべき3つのポイント」という記事を書かれていました。
私としては15年2月からの改定(いわゆる新ルール)
出力変更を伴うもの設備変更は、売電価格が変更後時点のものになってしまう = 実質的に変更NG
となったと理解していましたが、上記の記事読ませていただき。
なるほどそれは増設可能かも?と思いましたので、早速調べてみました。
結論から言いますと・・・。


結論から言いますと、(タイトルからバレバレですが)
増設は可能!となります。
前述の資源エネルギー庁の新ルールのお触れの2ページの問い合わせ窓口に電話をして確認しましたので、まず間違いないと思います。
●キモ
設備変更とは「設備認定登録されている出力からの変更」があったときに適用される。
つまり、
通常、設備認定登録されている出力はパワコン容量であるため、太陽光パネルを過積載で追加しても容量変更にはあたらず、
買い取り価格は変更にならない。
ということです。
●注意点
パネルのメーカ/種類/変換効率の変更がある場合は、その限りではない。とのことです。
私の場合、同一メーカの同一パネルを追加することになりますので、まったく問題なさそうですね。
固定価格が下がっている現状での太陽光発電の収益率Upのトレンドは過積載だと思っています。
私もちょっとだけあいているスペースをうまく使って増設できないか検討したいと思っています。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


中古太陽光

個人事業&節税

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ