太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

太陽光発電の基準価格

time [投稿日]2015/02/25

time [最終更新日]2016/07/01

太陽光発電の基準価格

広告

太陽光発電の調達/維持の基準価格

15年度の太陽光発電の売電価格の経済産業省資源エネルギー庁の調達価格等算定委員会から”委員会案”が提示されました。

この委員会案の算出の根拠として、太陽光発電にかかる平均的な調達および維持にかかるコストが示されています。

 

調達価格等算定委員会(第19回)の配布資料一式

資料3:平成27年度調達価格及び調達期間に関する意見(案)

 ※10kw以上の太陽光発電に関しては6ページ以降を参照ください。

 

太陽光発電の基準となる全体費用(システム費用)

一番気になる太陽光は発電全体の導入コスト(=システム費用)は、太陽光パネル、パワコン、架台、工事費を含んで、
36.4 万円/kWとのことです。

こちらは基準費用ということですので、平均的にかかる費用ということになります。

例えば50kwの太陽光発電では1820万円ということになりますね。

 

言い値で支払う必要がある”連携費用”へ懸念あり

個人的に気になったのは、連携費用の「平成 26 年度の想定値の 1.35 万円/kW を下回る水準」というところです。

私の九電からの請求額はこれをはるかに超える金額でしたので少し驚いてしまいました。
九電からの請求に対して、こちらも知識が無いため価格交渉などしようもなく言い値で支払わざるを得ません。

今回はそのままOKを出してしまいましたが、このデータを見るといささか納得がいかないですね。
うちの案件は電柱も至近にあり、他の案件と比べて好条件と聞いていました。

 

皆様も上記資料をご自分の太陽光施設の費用の目安(=価格交渉のネタ)にしてください。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


中古太陽光

個人事業&節税

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ