太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

太陽光発電施設を始めて作るなら「消費税課税事業者」選択がおススメ

time [投稿日]2014/09/11

太陽光発電施設を始めて作るなら「消費税課税事業者」選択がおススメ

広告

太陽光発電施設を始めて作るなら「消費税課税事業者」選択がおススメ

  1. 太陽光発電事業にて初めて個人事業主になる場合

    「消費税課税事業者の選択」には注意が必要です。


  2. 消費税課税事業者の選択とは、消費税の課税対象とするか/しないかを選択できるものです。



    通常は、課税対象でないほうが望ましいですが、

    太陽光発電事業にて初めて個人事業主になる場合、あえて課税対象を選択することも考慮すべきです。




  3. 太陽光事業のみが収入源の場合50kw太陽光でしたらざっくりと年間200万円ほどの収入があります。

    通常はこれに消費税分上増しされるので年間216万円の収入となります。

    対して、設備や経費に関して考えてみると、初期投資設備代が2000万円かかるとすると、

    消費税を考慮すると2160万円となります。




  4. 課税対象の事業者を選択することで、

    消費税(160万円-16万円=144万円)分の消費税の還元を受けることができます。



    ただし課税対象を選択すると3年間は非課税に戻すことができませんので、実際にはトータルで

    (160万円-(16万円×3年分)=112万円)分の還元を受けることができます。



    リスクとしては、3年後に非課税に戻す申請を出し忘れることでしょうか。笑



    消費税については、こちらのHPが分かりやすいです。




sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

当ブログの月間人気記事

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ