太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2016年は分譲太陽光が熱い!

太陽光パネルの処分費用|太陽光発電の出口戦略

time [投稿日]2015/08/22

time [最終更新日]2015/12/01

太陽光パネルの処分費用|太陽光発電の出口戦略

広告

太陽光発電廃棄物のガイドライン

    1. 少し前のことですが、スマートジャパンに以下のような記事が掲載されていました。

      ●スマートジャパンより
      増え続ける太陽光発電の廃棄物、2018年にガイドライン適用へ

      リサイクル

    2. 記事の内容を要約すると
      「太陽光発電ブームで作られた太陽光発電所の固定金額買取期間が終了すると一気に太陽光パネルが廃棄されるので、その前に廃棄に関するガイドラインを作りますよ」というもの。
    3. この記事の中で廃棄料金の指針として
      「分解処理コストを1kW(キロワット)あたり5000円以下」にすること
      とあります。
    4. 私が太陽光発電の導入を検討した際(2014年1月ごろ)に、太陽光パネルの処分費用を調べたのですが、実はその当時でを1kWあたり5000円と見込んでいました。
      実を言うと、その根拠としたHPが見つからないのですが、なにかのHPを参考(実際に引き取りサービスを既に行っていた)に5000円とした記憶があります。
    5. また一方で、既に以下のようなサービスもあります。

      ●一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会HPより
      プレス発表(使用済み太陽光パネルの回収・再資源化サービスの提供開始)

      このサービスですと1,200円/枚です。(処分は持ち込み前提)
      一般的な太陽光パネルは1枚が250~300W程度だと思いますので、やはり1kWあたり5000円程度となりそうです。

まとめ:太陽光パネルの処分費用は1kWあたり5000円

    1. 結論として、太陽光パネルの処分費用は1kWあたり5000円と見込んでおけば良さそうです。
      50kw程度の低圧太陽光発電所であれば25万円程度となります。
    2. 20年後の太陽子発電の出口戦略を考えるうえでもぜひ押さえて置く必要があります。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

分譲太陽光

分譲太陽光データ分析

中古太陽光

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ