太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2016年は分譲太陽光が熱い!

最も濃密&勢いのある展示のLooop社|PVJapan2015レポート1

time [投稿日]2015/08/21

time [最終更新日]2015/12/01

最も濃密&勢いのある展示のLooop社|PVJapan2015レポート1

広告

もっとも濃い展示のLooop|PVJapan2015レポート1

    1. 夏休みの宿題としてたPVJapan2015の詳細レポートの第1弾をお届けします。

      ●PVJapan2015の公式HPはこちら
      PVJapan2015 公式HP

      ●私の概要レポートはこちら
      PVJapan2015に行ってきました&メガ発セミナー2015へ行ってきます!

 

  1. 第1弾は(私にとって)最も濃い展示をしていたLooop社からお届けします。

つくりに作った太陽光発電所は90MW/1145件

  1. Looopの太陽光発電の販売実績は総計で90MWに及ぶそうです。
    物件数で言うと1145件とのこと。
    (太陽光発電所1件辺りの平均はおよそ79kwですので、思いのほか高圧がでていることになりますね。)

    震災後2011年に創業した若い会社ということを考えると、改めてすごい販売数です。
    実際、若い社員の方が多く、質問に対する回答からも、会社の勢いを強く感じました。

  2. 個人的にはLooopのMy発電所キットは野立て太陽光発電の基準価格と考えています。

    FIT価格が徐々に下がっているこの太陽光発電の状況に対する対策・今後の展望について伺ったところ
    現段階でもMy発電所キットには十分満足いただいてるが、今後の対応としては毎年10%程度(数値はちょっとうろ覚え)のコストダウンを目標にしているとのことでした。

    Looopさんはやはりコスト意識が高いですね。
    この回答をいただいて、太陽光バブルがはじけた後も、確実に生き残れそうな1社と感じました。

Looop社の次ステップは新電力まで含めた再エネトータルソリューションサービス

  1. 展示を拝見するかぎり、Looop社としての次のステップは
    新電力まで含めた再エネトータルソリューションサービスに取り組もうとされているようです。

    「総合ソーラーソリューション」もそうですし、監視サービスの「みえるーぷ」もその一環ととらえることができます。

  2. My発電所キットでLooopの基盤ユーザをつくり、
    「みえるーぷ」で保守運用、
    新電力で作った電力を購入&販売、
    さらに「総合ソーラーソリューション」で新しい顧客を取り込む
    というように、太陽光発電の全方位にサービスを展開しています。
  3. トータルソリューションの一環かどうはか不明ですが(笑)、
    ソーラーシェアリングについての展示もあり、いろいろと詳しい話を聞くことができました。
    個人的には1級農地にはソーラーシェアリングでもNGということをお聞きしてちょっとした驚きでした。

    ソーラーシェアリングの基本的な考えは、
    太陽光パネルを立てる部分(10cm×10cm)のみを農地転用するということらしいのでNGなのだそうです。
    なるほど。

その他、ここには書けない情報も沢山・・・

  1. Looop社の会場にはかなり長い時間滞在し、いろいろな話をお聞きしたのですが
    実はここに書けないような事もたくさん教えていただきました。

    これらについても、今後、時期をみて紹介させていただきます。

sponsored link

コメント

  • 非常に興味深いですね。
    どんな情報があったのか、今後の記事を楽しみにしてますね♪

    by リアルティ €2015年8月22日 5:57 AM

  • 実際DIYのやり方が一番儲かりますからね。
    部材だけ販売で、責任を伴う施工は全部ユーザーで。
    施工での欠陥で、もし保険が降りなくても責任は施工したユーザー
    納得して買ったんですからユーザーが責任を持つのは当たり前ですけどね。
    商品の大半は調達してきただけですので欠陥で生じた損害はメーカー持ち。
    部材だけですから、見かけ上の価格は安くなりますが。
    全部の工事も依頼したら普通の発電所の価格です。
    まあLOOOPさんは自社発電所で年間5億の収入が入るとおっしゃっているので、それをアフターフォローの財源に充てるみたいですけども。
    当初は、建設会社さんが自社でやるための部材と考えていたんですが、こんなに流行るとは思いませんでした。
    ただ、20年持つか?ってのが怖いです。
    もしDIY由来の事故が多発して、それが素人のDIYだからと行政に判断されて、
    改善命令が出されて、改善しない設備には認証取り消し、撤去命令もありうるんですよね。(この前の伊勢崎市で死人が出てたら、規制がでたでしょうね、すぐに)
    自分ではDIYはお勧めできないし、もし、上記の状況になった場合のLOOOPさんの対応想定がしりたいですねえ、

    by 通りすがり(鬼) €2015年8月22日 9:08 AM

  • >リアルティさん
    はい。また今後状況が許すようになったら紹介しますね。
    >通りすがり(鬼)さん
    LooopのDIYキットの架台はしっかりしていますから、まず大丈夫だとは思います。
    私は、1号基(野立て)を検討した際には、知識に乏しくて自分では施工しようとは思えませんでした。
    いまなら業務提携したクロネコの施工サービスもありますし。

    by あおそら €2015年8月23日 7:18 AM

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

分譲太陽光

分譲太陽光データ分析

中古太陽光

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ