太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

同じ利回りならFIT価格21円がいちばんお得

time [投稿日]2017/04/18

同じ利回りならFIT価格21円がいちばんお得

広告

同じ利回りならFIT価格21円がいちばんお得

先日、タイナビの物件を見ていたら物件詳細紹介に「同じ利回りなら、FIT価格が低いほうが断然お得」との記載がありました。
なるほどそういう考えもあるのかぁと「目から鱗」のお話でしたので、簡単に紹介させていただきます。

FIT価格21円が「いちばんお得」になるキモとなるポイント

FIT価格21円がいちばんお得になる「キモとなるポイント」は
「FITの固定買取期間である20年より後の売電収入」です。

20年後の売電価格はFIT価格36円の物件であっても21円の物件であっても同じ価格になります。
ここがキモとなるポイントです。

FIT価格21円が「いちばんお得」を具体的に計算してみる

FIT価格21円が「いちばんお得」を具体例をあげて実際に計算してみます。

21円発電所: 2100万円で購入した年間210万円の売り上げる発電所(利回り10%)。FIT価格21円なので年間100,000 kwh
36円発電所: 3600万円で購入した年間360万円の売り上げる発電所(利回り10%)。FIT価格36円なので年間100,000 kwh

「20年後の売電価格」については諸説ありますが電力の卸売市場が10円/kwh前後で取引されていますのでここでは10円/kwhで考えることにします。

21円発電所、36円発電所それぞれ同様に年間100,000 kwh発電しますので(簡単のために発電効率ダウンは考慮しない)、それぞれ同様に年間100万円の売上があることになります。

もともとの発電所の買値(初期投資金額)が違いますのでFIT価格終了後である20年後以降は

21円発電所の場合は4.8%(100万円/2100万円)
36円発電所の場合は2.8%(100万円/3600万円)

の利回りになります。

ということで「同じ利回りなら、FIT価格が低いほうが断然お得」ということです。
つまり同利回りなら最新価格である2017年度のFIT価格21円がいちばんお得となりますね。

なるほど!!

FIT価格ダウン後も利回りが維持できるなら?!

FIT価格が毎年下がるなか太陽光発電システムや分譲太陽光は値下がりを続けています。
結果としてなぜだか毎年同じぐらいの利回りが維持できるようになっています。(ほんとに不思議ですね。笑)

もしこれが今後も続くのであれば常に最新買取価格の太陽光発電所が20年後の利回りがもっと向上することになります。

実はこれって素晴らしいことだと思います。
再生エネルギーによるクリーン社会が商業的に成立つ世界が実現に近づいているってことですからね。

タイナビ発電所への登録のすすめ

タイナビ発電所ではこのような太陽光発電に関する役立つ情報がご紹介いただけます。
サラリーマンの方も、そうでない方も、土地付き分譲太陽光発電にご興味があるかたは登録必須のサイトです。

太陽光発電物件サイトはタイナビ発電所
タイナビ発電所
⇒無料会員登録後「常陸大宮メガ」をご覧ください。
※登録すると登録確認の電話がかかってきますが、それ以降のしつこい勧誘等は一切ありませんので、ご安心して登録ください。(1分程度で登録できます。)

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

当ブログの月間人気記事

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ