太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2016年は分譲太陽光が熱い!

普通の屋根と見分けがつかない太陽光パネル|全ての家で太陽光発電

time [投稿日]2016/12/04

普通の屋根と見分けがつかない太陽光パネル|全ての家で太陽光発電

広告

普通の屋根と見分けがつかない太陽光パネル|テスラ社イーロンマスクが考える将来

テスラ社のイーロンマスク氏が、またぶっ飛んだ商品を発表しました。

一言で言うと
普通の屋根とまったく見分けがつかない太陽光パネル

です。

詳細については日経テクノロジーOnlineの記事に詳しいのですが、新商品の概要を引用させていただくと

「ソーラールーフ・タイル」と呼ばれる新しい商品はいわゆる「建材一体型太陽電池」で、4種類が紹介された。日本瓦に似たS型でオレンジ色のツーソン・タイル、斧で割った石片のようなスレート・タイル、斧で割った木片のような質感のテクスチャー・タイル、そして、平らなスームズ・タイルになっている。

今までの「建材一体型太陽電池」の違いは、太陽電池セルが「目に見えない」ことである。通りからは従来の屋根材とまったく見分けがつかないが、屋根に登って上から見るとセルがくっきり見えてくる。

とのこと。

記事には「4種類のタイル」と「屋根」が写真で紹介されているので、ぜひご覧ください。

太陽光パネルのブルーオーシャンとなりえるか

先日の国内展示会では、国内大手企業が「美しく敷き詰められる太陽光パネル」を展示していました。

これらの商品は、おそらく発電効率はこれまでのパネルと比べてずいぶん落ちるのではないかと予想されます。
実際、記事の中でも発電効率について一切触れていません。

発電量ではなく景観を追求した太陽光パネルということで、
これまでとはターゲットをずらした、いわゆるブルーオーシャンを狙った商品なのでしょう。

日本でも「太陽光パネルが景観を損ねる」との声は色々なところから聞きます。
でも太陽光発電がクリーンエネルギーであることを否定する人は少ないです。

そのような方でも(もちろんコストメリットがある大前提であれば)、太陽光パネルの導入を考えてくれるかもしれません。

日本市場向きの商品ではなさそうだが・・・

とは言え、実際には日本市場向けの商品ではなさそうです。

記事中に

米国では新築、または屋根の葺き替えにより、毎年400~500万件の新しい屋根の市場があります。

との紹介があります。

米国ではそうかもしれませんが、残念ながら新築住宅信仰が強い日本では屋根の葺き替えは一般的ではありません。
日本の場合新築でしたらエココルディスのようなスタイルの商品のほうが選択されるのではないでしょうか。

もちろんテスラ社の商品は米国市場向けです。ただし日本でも類似の商品を考える会社も出てくるでしょう。
このような商品がどのような切り口でビジネス展開をされるか、今から楽しみです!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

中古太陽光

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ