太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

分譲太陽光もついにここまで!50kw級で1306万円!@茨城

time [投稿日]2015/05/22

time [最終更新日]2016/07/15

分譲太陽光もついにここまで!50kw級で1306万円!@茨城

広告

タイナビに50kw級1306万円の格安分譲太陽光@茨城が登場

タイナビの分譲太陽光に50KW級で1306万円(税抜)の格安物件が登録されています。

これは私が知る限り同クラス最安値です。 もちろんフェンス、架台、工事費、電力会社連係費込みの金額です。
ついに分譲太陽光物件も、このレベルの価格まで下がってきました。  

分譲太陽光も自分手配の野立て太陽光発電と変わらない価格に

これは一般の方がすべて自分で手配して野立てで作るのとほぼ同額か、おそらく土地の値段によってはこちらのほうが安いぐらいの金額です。

物件詳細

売電単価は最後のプレミアム期間である31.32円/kWh(税込)の物件です。(=2014年度申請物件)

競合として38.8円物件や34.56円物件もありますし、15年度以降は、申請から一定期間内に作らなければならないという縛りがありますので、業者としては値段を下げてでも売り切る必要があります。
今後はこのような物件が増えてくるのかもしれません。

別途必要になるのは借地代(87,000/年間とこちらも格安!)とメンテ代 

関東圏の方であれば、メンテは自分で行うことができるかも知れません。(こちらも要相談かと思います。)

年間発電量が51960kWhで20年間のトータル売電価格は3255万円程度

初期投資費用が小さい分、費用対効果と言う意味では大きな利益を取れそうです。
もしこの物件が2つあれば初期投資2600万円に対して6510万円のトータル売電価格になります。 そう考えるとかなりの好条件の物件ですよね。

また、ご興味がありご相談の際には、新電力の活用もご相談してみてください。

なお、システム価格をあえて税抜き表示にしたのは課税事業者を選べば消費税分の還元を受けれるからです。
課税事業者のメリットについては以下の記事をご参照ください。  

 

分譲太陽光物件の詳細はこちらから

太陽光発電物件サイトはタイナビ発電所

タイナビ発電所

⇒「東京駅から70分!低圧発電2システム単価28.3万円/kw」をご覧ください。
 ※登録すると登録確認の電話がかかってきますが、それ以降のしつこい勧誘等は一切ありません。 ご安心して登録ください。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

中古太陽光

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

当ブログの月間人気記事

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ