太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2017年は分譲太陽光が熱い!

課税事業者3年目に施設追加しても課税期間は延長されない!

time [投稿日]2015/04/28

課税事業者3年目に施設追加しても課税期間は延長されない!

ネットで調べ物をしている際に、
消費税の課税事業者3年目に施設追加しても課税期間は延長されないとの情報を入手しました。
「そんなことはないでしょう~?」と半信半疑でしたが、
税理士さんに相談したところ「正しい」との回答でした!!
これってすごく重要な情報です。
消費税課税対象者については過去記事をご確認ください。
⇒過去記事のなかの「その取得した課税期間をふくむ3年間は免税事業者となることができない」というところが、ちょっとニュアンスが異なるようです。
私の実例をあげて少し整理すると、
私は2014年(1期目)に事業を始めこの年より消費税の課税事業者を選択しています。
2014年(1期目)に太陽光施設を作り、すでに施設購入にかかった消費税の還元を受けています。
この場合、2016年(3期目)に、太陽光施設を追加購入(課税仕入れ)した場合でも、同3年目に課税事業者をやめる届出を行えば、2017年(4期目)は免税事業者となることができます。
つまり、2016年に太陽光施設を作れば、実質消費税分の8%は割引いて作るのとほぼ同等の効果があります。
(もし2016年12月に作れば翌月の2017年01月より消費税分は免税になり、最も節税効果が高くなります。)
ということで、今年もあと8ヶ月程度ですので、太陽光施設を作るのはあと8ヶ月は我慢すべきかなぁと考えています。
分譲太陽光で良い出物があったら悩みそうです。笑

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

中古太陽光

個人事業&節税

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

当ブログの月間人気記事

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ