太陽光発電でサラリーマン副業|太陽光個人事業塾!

太陽光発電は今からでもまだまにあう!サラリーマン副業で太陽光発電に取り組むために役立つ情報を発信するブログです。あきらめたらそこで試合終了です。2016年は分譲太陽光が熱い!

太陽光発電のタカラレーベン・インフラファンド上場&高騰!

time [投稿日]2016/06/07

time [最終更新日]2016/11/13

太陽光発電のタカラレーベン・インフラファンド上場&高騰!

広告

太陽光発電のタカラレーベン・インフラファンド上場&高騰!

当ブログでもなんどか紹介させていただいたタカラレーベンのインフラファンドが2016年6月2日ついに上場しました。
東京証券取引所が2015年4月に創設した「インフラファンド市場」の第1号上場として話題を集めています。

こちらのまとめ記事がわかりやすいです。(日経がまとめをしているんですね。)

タカラレーベン・インフラファンドメリット

タカラレーベン・インフラファンドの目論見書を斜め読みしてみました。
タカラレーベン・インフラ投資法人ファンドの目論見書

メリットというか、なるほどなぁと思ったところが2点ありましたので紹介します。

地域的なリスク分散ができる

タカラレーベン・インフラ投資法人ファンドは、現在全国10カ所のメガソーラーを保有しています。
北は青森から、南は鹿児島まで、関東に偏重気味ではありますが、全国に分散していますので、地域的なリスク分散ができます。
地域的なリスク分散によって、発電量の均一化、大災害のリスク分散化が可能です。

太陽光パネルのメーカーのリスク分散ができる

これは意外だったのですが、採用している太陽光パネルのメーカーが10のメガソーラーでほとんど違います。
メーカーを分散することで(倒産などによる)アフターサービスのリスクを下げることができます。

タカラレーベン・インフラファンドがさっそく高騰

さて、上場したタカラレーベン・インフラファンドの値段はどうでしょうか。
初値は109,900円。公募価格が100,000円ですので9.9%増ですね。

この記事を書いている2016年6月7日の9:16時点の価格が136,900円ですので、順調に価格が上がっています。
すごいですね。

まとめ

太陽光発電所を購入するにはまとまった資金が必要ですが、ファンドであれば少額から購入が可能です。
太陽光発電の売電収入のほかに、キャピタルゲインも見込めるということで、太陽光発電”投資”の新しいあり方と言えそうです。

ファンドですので純粋に”投資”になりますので、好みは分かれるところでしょうが、
個人で選択できる太陽光発電投資の選択肢が増えるということですので好ましいと考えています。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


太陽光発電

中古太陽光

個人事業&節税

風力発電

News&レポート

分譲太陽光No.1

タイナビ発電所

自己紹介

あおそら

あおそら

アラフォー九州男児の「あおそら」です。サラリーマン副業として太陽光発電に取り組んでいます。太陽光発電や個人事業に関する皆様との情報交換の場としてブログを運営しています。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link

おススメ分譲太陽光!

ブログランキング

「人気ブログランキング」「ブログ村」共に上位継続中です。記事更新のはげみになりますので以下の投票ボタンをクリックして応援お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ